タイムスケジュールの立て方

看護師さんの仕事でタイムスケジュールを立てるのはとても大切なことだといいます。
タイムスケジュールの立て方一つで患者さんの命に危険が及ぶと言います。
例えば、2時間ごとに痰を取らなければいけない患者さんもきっちり二時間ではダメで、やはりときどき部屋を覗く必要性があるそうです。
看護師さんのタイムスケジュールというのは、決まった内容だけをこなすためのものではないそうです。
入院患者さんの場合、優先順位が高いところから医療行為が進められるのですが、それでも二時間ごとに痰を取らなければならない人を忘れてはいけませんし、優先順位ばかりを気にしていたら、他の入院患者さんはいつまで経っても医療行為が受けられません。
食事の前にトイレに行くという患者さんや、食事の前に入れ歯をいれなければならない患者さんもいます。
一見、優先順位が低そうですが、これをやっておかないと、というか、これを管理してもらえるから入院しているわけで、放っておかれるなら、家で一人でいるのと同じです。
新人看護師さんの一番の悩みはタイムスケジュールの立て方だと聞きます。
心に余裕があれば、患者さんのトイレについていくのもにこやかにできるのかもしれませんが、忙しいというか忙しすぎることが当たり前なので、いちいち笑顔なんて作っていられません。
その上、忙しければ忙しいほど先輩看護師さんたちに怒られることも多くなったりと、どんどん自信が無くなっていくそうです。
自信がなくなった新人看護師さんの場合、求人サイトを探し始めることも少なくありません。
学校で習ったことが通用しないとか、学校の100倍大変とか、新人の頃は対応するだけでも大変ということは、先輩看護師さんはみんな判っています。
ベテランの看護師さんたちは、相談をすることも業務の一部だと考えて、どんどん質問して欲しいといいます。
決して一人で悩まないようにして欲しいそうです。