未分類

転職を続ける看護師

看護師の仕事というと、どういったものを想像するでしょうか。
風邪を引いたときに行った近所の病院では、ドクターのためにカルテを開いたり、ドクターが検診しやすいように患者の準備をしたり、帰り際は注意事項を行ってくれたりしていたような気がします。
ドクターが指示をしたら採血や点滴もしてくれたかと思います。
入院したときなんかは一番話しをしたりするのが看護師さんだと思います。
毎朝検温や身体の調子を聞きに来たり、ナースコールを押せばすぐ来てくれたり、話し相手になってくれる人もいたかと思います。
昔は患者さんのオムツを変えたりもしていたようですが、介護師さんがいる病院ではこちらがやるようになりました。
医学の進歩はとても早いそうで、毎日のように勉強会に出なければならなかったりするそうです。
看護師さんの中には、短いスパンで色んな病院で経験を積むフリーの看護師さんがいます。
内科を専門とする人、外科を専門とする人、あえて専門を持たない人とさまざまです。
一つの病院に落ち着いて、出世するということにあまり魅力を感じない人もいるということでしょうか。
環境に馴染まないとか、環境が劣悪という場合は、とっとと辞めて看護師の求人を探して他に移るのもよいと思います。
また、それができるのが看護師という仕事の醍醐味だといえるようです。
フリーと呼ばれたり、職場を渡り歩くイメージからジプシーなどと呼ぶ人も居るようですが、職場を変えることは決して悪いことではないはずです。
看護師は国家免許ですから北海道から沖縄まで旅をしながら看護師という仕事ができるわけです。
出世ばかりが人生ではありませんから、腕を頼りにいろんな病院を渡り歩くのもいいかもしれません。
ドラマチックな人生になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です