未分類

看護師の働く場所

看護師の働いている場所は、

①病院(入院施設20床以上)や診療所・クリニック(入院施設19床以下、あるいは入院施設なし)

②保健所(都道府県管轄)あるいは保健センター(市町村管轄)

③訪問看護ステーション

④老人保健施設で働いています。

以下ここに簡単にご紹介します。
①病院(入院施設20床以上)や診療所・クリニック(入院施設19床以下、あるいは入院施設なし):「病院・クリニック」では、医師が行う診療の補助として注射、点滴、傷の処置や、また医師の患者の療養の世話として、患者やの体の清潔を保つ支援や心のケアとしての相談を行い、どのように病気とつき合っていくかのアドバイスに乗るなど、病気を抱えた患者にまつわるさまざまなことに関わります。
②保健所(都道府県管轄)あるいは保健センター(市町村管轄):人の健康や生活環境に関わる機関として、「保健所」と「保健センター」があり、そこで働く看護職には「保健師」がいます。保健師は、 1人ひとりの住民はもちろん、 あなたの住む町全体の健康問題を住民とともに考え、それらの対策や住民の健康増進に取り組んでいます。
③訪問看護ステーション:病院付属のもの、会社として設立されたものなどさまざまな種類がありますが、病院以外の治療の場として、在宅療養を支える「訪問看護ステーション」があります。訪問看護ステーションは、地域にあるナースステーションといえ、看護師が、治療やケアの必要な患者の家まで訪問し、点滴や処置、心のケアなどの看護を提供します。
④老人保健施設:介護保険サービスを受けるにあたって、介護計画を立てる「ケアマネジャー」として働いている看護師もいます。また、老人介護施設などでも 看護職は働いており、常駐していない医師の代わりに、、救急の対応や病状の判断、病院との連携、介護職員に医療的なアドバイス をするなど、さまざまな仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です