未分類

看護師が、選ぶ職場事情 その2

看護師の免許をもちながらも、その資格を使わない人々の職場事情の背景を尋ねてみました。

友人のMさんは、看護師の資格をもっていますが、パートスタッフとして飲食店で働いています。

看護師の資格を取得していながらも、資格を活かした職場ではなく、企業の社員食堂のパートスタッフとして勤務する友人のMさんは、現在のところは、子育てを理由に、看護師の資格を活かした職探しは断念しているようでした。出産を期に、看護師としての職場から、一旦、しばしの休息を取るようなつもりで病院を退職したMさんですが、いざ子育てが始ってみると、家庭と職場の両立に自信がもてず、看護師としての本格的な職場復帰を諦めました。看護師として、以前の病院勤務から退いてから10年目です。子育てもある程度、落ち着いてきたので、「看護師 求人」サイトをのぞいてみましたが、自分の職場復帰に持てないというのです。10年のブランクを埋める為には、技術的な衰えを埋め直さなくてはならない上に、最新医療の学び直しが必要だと言うのです。看護師としての仕事には、やりがいは感じていましたが、現場を離れてしまった自分が再度、医療現場に戻る勇気を持てずにいたそうです。ある日、いつものように「看護師 求人」サイトをながめていると、看護師のキャリアデザインを支援するキャリアコンサルトによる、カウンセリングを行う再就職相談会がある事を知り、参加してみる事にしたそうです。様々な立場的な問題から、看護師としての職場復帰にブレーキをかけているような人たちが、大勢参加している中で、キャリアコンサルトや同じような境遇に悩みをもつ人々との対話を持つ中で、「ワークバランス」の考え方を学びました。Mさん自身の人生における、大切にしたい事のバランスを取る生き方へのヒントになったそうです。現在、看護師の資格をもちながらも、社員食堂のパートスタッフとして、働く自分にきちんとした、意味や理由を考えてみると利にかなっていた事に気付いたそうです。Mさんは、家庭や子育て、家族との時間を何よりも大切な事として人生の比重を置いていたので、そういった時間に余裕をもった働き方として、自宅付近で希望シフト通りに働く事ができるパートスタッフとしての選択は、間違いではないのではないかという判断に至ったそうです。「看護師 求人」サイトをながめながら、医療現場に戻りたい自分も確かにいましたが、「ワークバランス」を考えると、まだ自分の力量ではこなせないと判断したそうなのです。看護師として医療の現場に戻る事は、もう少し、先延ばしにしながら、その間はブランクを埋める準備をしてみようと心に決めたそうです。潜在看護師さんの中には、時期を伺っている人々もいるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です