未分類

高齢者入居施設における看護師の仕事

「介護老人保健施設」でも看護師は活躍している。高齢者が入居しているこの施設での看護師の役割は、入居者や通ってくる利用者の健康管理を行うことである。日々の全身状態の観察や薬の管理、一日ごとの・体温などの状態などを計測することで、例えば「お風呂に入ってもよいのか」や「今日は横になっていた方がいいのか」「副作用が出てきていないか」といったことを判断したうえで、介護士さんたちと練って判断していくのである。
また、体調の悪化や緊急事態には必要に応じて、主治医への受診手配や救急車に付き添い容体の説明などのも行う。
高齢者が多く入居しているこの施設には、認知症病気の後遺症を持っており身体がどこか不自由や人もいるだろう。一人では食事なども難しい入居者もいることだろう。バランスを崩しやすく転倒してしまう人もいるだろう。安全に生活していくためには24時間通して看護・介助を行っていく必要があるのだ。
高齢者入居施設における看護師は医療の専門家である。医師や介護士、理学療法士、作業療法士、音楽療法士たちと協働して入居者・利用者一人一人の状態にあった対応方法を見出し、安全に過ごせるように見守っていく。
また高齢になると免疫力・抵抗力も徐々に下がっていく。つまり、高齢者入居施設ではインフルエンザなど感染症の広まるリスクは高まっていく。そういった場合には施設内の温度・湿度を一定に保ったりするなどの工夫を凝らし、感染拡大を未然に防ぐ対策を行っていく必要もある。看護師はこれらの対策を先だって行い、施設内の環境を整えていくのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です