看護師の転職事情

フロントページどんな仕事でも簡単に転職できるものはないようです。
比較的、看護師は転職に有利と言われていますが、ブラックな職場が出している求人にあたってしまい転職してしまったのでは元も子もありません。
インターネットでの求人情報も玉石混交。看護師の求人を扱う会社もたくさんあって、求人情報も正しいのか間違っているのか判断するのも大変です。
まずは自分がどういう条件で転職したいのかを明確にして欲しいそうです。
福利厚生が整っているところ、勉強会などを熱心するところ、もちろん給料が高いところなど、希望はたくさんあるかと思います。
勤務する場所にこだわりたい人もいるかと思います。
子どもが住みやすいところを選んだり、夫との兼ね合いで選んだり、趣味を充実させたいからと選んだり。
夜勤ができる人もいれば、パートで日勤だけという人もいるでしょう。
総合病院だったり、精神病院だったり、救急がある病院だったり、施設もこだわることができるようです。
看護師の転職は、いろいろな希望から考えて決めいくことができるそうです。
求人会社に何社か相談に行くのも良いかと思います。
ただ、今はインターネット経由で気軽に応募ができるので、何社重複して転職コンサルタントを使ってしまう場合があるようです。
自分では意識をしてなくても、登録という形を取ってしまうと、応募を進めてしまう求人会社も多いようです。
そうすると何軒もの病院に次々と連絡がいき、面接の段取りが取られてしまい、挙げ句、信用のならない人というレッテルを貼られる場合もあるようです。
もちろんいろんな病院や施設を比較検討するのは大切なことです。
一方で、求人会社も競争です。
自分の会社が紹介する病院を強く押してきます。
果たして彼らの看護師求人の情報を鵜呑みにしてよいのかどうかも、悩むところのようです。